RASHとは、RAinbow SHining~輝きの架け橋!!心と体の両面から輝きたいと願う人々をサポートしていきます。
  • ホーム
  • コンセプト
  • 事業内容
  • 新着情報
  • イベントスケジュール
  • お問い合わせ
ホーム>新着情報>2015年12月1日からストレスチェック制度がスタートしました。
新着情報

2015年12月1日からストレスチェック制度がスタートしました。

☆ストレスチェック制度について

2014年6月25日に公布された労働安全衛生法の一部を改正する法律により、ストレスチェックの実施等を義務づける制度が創設されました。

常時雇用する従業員が50名以上の事業場において、1年以内ごとに1回、従業員の身体の健康状態だけではなく、心の健康状態もチェックできる仕組みを導入することが事業者の義務となります。

背景には、精神疾患による労災件数が3年連続で過去最多を更新している社会全体の問題があり、従来の過重労働の緩和など量的な施策に加え、質にフォーカスした対策が導入されることとなりました。

2015年12月1日からの施行に向け、新たに公表されたストレスチェック制度に関する省令・告示・指針(2015年4月15日厚生労働省)には「ストレスチェック制度を総合的なメンタルヘルス対策の取り組みの1つとして位置づけ、総合的な取り組みを継続的に実施していくこと」が強調されています。

“ストレスチェック制度義務化”という点だけが注目されがちですが、従業員や職場のストレス状況の改善および働きやすい職場の実現を通じて生産性向上にもつながるものとし、事業経営の一環として取り組むことが今回の制度創設の最も重要なポイントとされています。

制度の趣旨を正しくご理解いただき、よりよい職場環境の実現が社員の生産性や満足度、ひいては定着率の向上にもつながるものとし、会社全体で取り組んでいくことが大切です。

 

ストレス制度2.jpg